SADOLOG

サドログ

サドログ、活動日誌や更新情報、技術メモを行うところ。
御用の方は空白の記事

サイトのコーディングツール変えた話

どうもサドです。

最近は死にかけです(意欲的な感じが)

サークルのサイトをコーディングする機会がありまして、久々にアドビさんのBrackets開いたんすけど、むちゃくちゃ重くなってるんですよコレが。

プラグイン無しの状態で秒近いラグが発生するもんでウチの環境じゃどうしようもねぇ!!!ってな訳でsublime-textさんに乗り換えました。

なにこのサクサクフワッフワ......癖になりそう。

複数箇所を選択して、同じ文章を一括挿入!!!みたいなこともできる......えろい。

target="_blank"をグワって入れたりできるのホント気持ちいい。

ところで、第八世代core i5積んでるマシンでまともに動かないブラケットはマジでどうしちゃったんすか......色とか画像の候補&プレビュー表示はかなーり気に入ってたんです。 惜しいっすな。

GoogleDriveファイルUPで超低速問題

こんばんは、サドです。 ちょっとかなり相当に困っていたので、記事にして残しました。先に宣言しておきますが、本記事で原因究明には至っていません。

Windows 10、Win版Google Driveソフト、Win版Google Chrome共に記事編集時点で最新のものを使用していました。

ネットは光で、自室まで引くのに速度こそ落ちますが、Googleのspeedtest計測で下り40~70Mbpsは出ます。(メガバイト換算でだいたい5~9MB/sec)


前提・利用状況

デスクトップパソコンにですがGoogle Driveのソフトをインストールし、実名アカウントと同人活動用アカウントの2つのドライブを同期させていました。

サークルの共有フォルダなどはローカルに保存されないらしく(設定次第ではできる?)、共有フォルダへの編集はブラウザから行っていました。

他に、Dropbox(外用ノーパソとの同期で利用)とOnedrive(オフィス文書などの書類のクラウド保存として利用)も稼働してます。

問題と対処法

ブラウザを利用した共有フォルダへのアップロード時に決まって起こるような気がします。100MB超えのZipをアップロードしようとしたとき、時間が数十分かかると表示され、全くアップロードが終わらないのです。

問題はそれに留まらず、パソコンの通信速度を丸ごと落としているようでした。ブラウザからググるにも時間がかかり、ウェブページを開こうものなら1分近くかかります。しまいには、通話アプリのDiscordのテキストチャットの送信にすら時間がかかります。

アップロードを中止するとすぐに通信速度が回復するので、まず間違いなくコイツだろうと。

そこでGoogle Drive関連のソフトから目を付けて試してみたのですが、早速ビンゴ。Google Drive(ソフト名はBackup and Sync from Googleみたいな感じのもの)の同期を全て一時停止にして、アップロードを試してみたところものの十数秒で終わりました。

他人の作成した共有フォルダはローカルに保存されないはずですが、何故か干渉していたみたいですね......。

いちいち同期一時停止の操作をするのも面倒なので、僕はアンインストールしてしまいました。今後しばらくは、Google Driveはブラウザからの利用に留めるつもりです。

ブルーレイの内蔵ドライブを取り付けた話

ふと自分の誕生日にブルーレイで気になる映画を買おうと思いつきました。

しかし自宅にブルーレイディスク対応のプレイヤーはありません。 ついでに言うとテレビのHDMIポートその他も空いてません。

これはもうMyパソの内蔵ドライブを換装するしかありませんね!!!ということで学費払い後で空っぽになりかけの口座を完全にカラにして換装してみました。 愚かです。

内蔵ドライブの換装にあたって

デスクトップパソコンをいじるのは初めての試みでしたので、ドライブの外し方も全く分かりませんでした。ググってようやくケースが両サイド開けることができることを知ったくらいです。

説明書なんてンなもの引っ張り出すのは面倒くさいので知りません。


f:id:st1105:20181107013922j:plain

手前から引っ張り出すのか

僕のパソコン、デジノス マグネイトMSなんすけど、スリム型のケースだからなのかなんなのか分かりませんが、光学ディスクドライブってケースの前面に向かって押し出して取り外すんですね。

接続ケーブル(電源とSATA)を取り外し、PCケースの両サイドからネジ計4本を取り外した後、ケース内側から外へ押し出すように取り出す。馬鹿でしょうけれど、押し出す向き逆だと思ってましたよ。

買っておいたブルーレイ内蔵ドライブ(IO-DATAのBRD-S16PX)は逆の手順で取り付けるだけ。

ここで少し苦戦。SATA(端子が小さい方)は簡単かつわかりやすくカチリと接続できたのですが、横に長い電源?の端子が刺さりにくいこと...... 構造上、逆さ差し込みできないようになっているらしいことを信じて、頑張って置くまで差し込みました。 端子を傷つけてしまわないかで怖かったです。

換装後のあれこれ

で、ケースも閉じてパソコン本体の配線も戻してパソコンを起動。ここで僕はやらかしました。内蔵ドライブ本体に貼り付けられたシリアルナンバーをメモし忘れました。愚かです。 シャットダウンして、全てのケーブルを外して鉄ラックからパソコンを取り出し、ケースサイドの蓋を開けて...と二度手間でした(だるい)

このシリアルナンバーがないと、IO-DATAパーソナル?のアカウントページに製品を登録できず、購入製品を登録しないと対応したソフトウェアをDLすることもできません。 WinDVDが無いと折角のブルーレイが再生できないという悲しみの事態に。

ちなみに僕の環境では、換装前後で特にソフトウェアやドライバを手動であれこれしていませんが、普通にCDやDVDは読み込めるみたいです。

内蔵ドライブの換装ぽっちでこれなんだから、自作PCなんていって組み立てできる方にはホント憧れますね。面倒なのは嫌いなのでやりませんが。

  • Windows 10 home
  • デジノス Magnate MS(ケースはこれの標準のもの)
  • 横向きに置いて利用 → 問題なし